Rheingau ラインガウ
画-Johannisberg

ラインガウ(Rheingau)

は、大河ラインが、マインツあたりにさしかかるころ、急に西に直角に方向転換する、その北岸、真南に向いたタウヌス山腹の一面にある。従って、ライン河に沿う約40kmに渡るそのブドウ畑は総て真南に向いている。
ライン河はこの地域でその河幅を一層広め、最大1.2kmに達する所もあり、この大河の恵みを十二分に受ける。又、背後のタウヌス(Taunus)山系によって荒々しい北風からも守られ、まれにみる好条件のブドウ畑が生み出され、昔から大銘醸ワインの数々を世に送り出して来た。ドイツにおける最も高級な歴史的ワイン産地がこのラインガウである。
黄土層、粘板質微粒砂土と風化した粘板岩から成る土壌は、リースリングには理想的で完璧なまでに熟成し、洗練された芳香と果実味豊な酸味を持つ最高品質の優雅なワインを生み出す。
栽培面積は、3,000ha。大きさから言うと、全11の栽培地域の8番目にあたり、殆どリースリングが栽培され、約80%。残り20%が、ミューラー・トゥルガーとシュペート・ブルグンダーと新品種である。

Johannisberg (ヨハニスベルク)

が、唯一つのこの地域のベライヒ(地区)である。

 

ラインガウ・ワインマップ

 

著名村:畑

  • Erbach:Hohenrain,Marcobrunn, Schlossberg,Siegelsberg,Steinmorgen
  • Geisenheim: Klauserweg, Rothenberg
  • Hallgarten:Heddelberg, Jungfer
  • Hattenheim:Steinberg, Hassel,Mannberg,Nussbrunnen,Pfaffenberg,Schutzenhaus,Wisselbrunnen
  • Hochheim:Domdechaney, Holle,Kirchenstuck ,Reichestal
  • JohannisbergHolleSchloss Johannisberg, Klaus
  • Kiedrich:GrafenbergTurmberg
  • Lorch: Kapellenberg,Krone,Pfaffenwies,Schlossberg
  • Mittelheim: St.Nikolaus
  • Oestrich:Doosberg,Lenchen
  • Rauenthal:BaikenNonnenberg, Rothenberg
  • Rudesheim:Berg Kaisersteinfels, Berg RoseneckBerg Rottland    Berg Schlossberg
  • Walluf: Walkenberg
  • Wicker:Monchsgewann,Nonnberg
  • Winkel: Hasensprung,Schloss Vollrads, Jesuitengarten

栽培品主種

  • Reisling 79%
  • Pinot Noir(Spätburgunder) 13%
  • Müller-Thurgau 2%
著名生産者

 

「ラインの恵み」・・・ラインガウの地形と気候

カール大帝が、対岸のインゲルハイム(Ingelheim)の王宮から、ラインガウを見やり、その雪解けの早さから、その暖かさを知り、葡萄栽培を奨励したと言う逸話は良く知られている。
確かに、陽の光がラインの川面に反射して、太陽の恵みを倍にも生かせるというラインガウの地形の特性を言い表しているが、これはあくまでも川岸から4~500m以内のことであって、それより奥の畑には及ばない。もっと大切なことは、日中の太陽エネルギーを存分に吸収した河が、ぐっと気温が落ちる夜間から明け方に、徐々にその熱を発散し細かい霧となり、すっぼりとワイン畑を懐にいだき暖めるということにある。ブドウ畑がこの暖かい湿った霧に包まれるということは、又一方で貴腐ぶどうの発生をうながしてくれるのである。

画-霧のラインガウ

この「貴腐と遅摘み」がヨハニスベルグ城で1775年発見され事と、エーバーバッハ修道院でのカビネット(Cabinet)の語の使用は、ドイツワイン文化にとって画期的な出来事であった。(エーバーバッハでは修道院の幹部会つまり閣議(Cabinet)に供する秘蔵のワインにこの語を使った)

歴史・ヨハニスベルグ城とメッテルニッヒ

エーババッハ修道院とビスマルク

 

EditRegion3